ニュース
» 2011年07月26日 13時05分 UPDATE

第一三共、業務システムをクラウド環境へ順次移行

2014年の完了を目指し、第一三共は既存の業務システムを富士通のクラウド環境に移行中だという。

[伏見学,ITmedia]

 製薬大手の第一三共は、稼働中の業務システムをクラウド環境に順次移行していく。システム基盤を提供した富士通が7月26日に発表した。

 第一三共は2010年度から、既存のアプリケーションを再構築することなく、サーバの老朽化などに合わせて最適なタイミングでICT基盤を富士通のクラウド環境に移行するプロジェクトを進めている。既に100台強の仮想サーバが稼働している。

 2014年までのプロジェクト完了に向けて、仮想化技術により既存PCサーバの台数を約8分の1に集約するほか、従量課金型のクラウドサービスによってICT運用の効率を大幅に向上させる予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -