ニュース
» 2011年07月28日 08時20分 UPDATE

Microsoft、Windows Phone開発者向けに“ほぼRTM”のMangoとSDKを提供

Microsoftが「Windows Phone SDK 7.1 “Beta 2 Refresh”」とMangoの「Build 7712」の配布を開始する。Mangoは昨日発表したRTMより前のビルドだが、ほとんどRTMに近いという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月27日(現地時間)、次期Windows Phone(コードネーム:Mango)の開発者向けに、アップデートしたSDKとOSの配布開始を発表した。SDKは「Windows Phone SDK 7.1 “Beta 2 Refresh”」、OSは前日発表されたRTMではなく、“RTMに近い”「Build 7712」となっている。

 6月に配布されたSDKから“リフレッシュ”された新SDKには画面キャプチャー機能などが追加され、APIは最終版になった。

 RTMより若いビルドのMangoを配布する理由としてMicrosoftは、開発ツールとOSは不可分なもので、SDKのバージョンにOSを合わせたことと、このビルドはほとんどRTMに近いもので、RC(リリース候補)の理解に十分役立つことを挙げた。RCは8月の終わりに公開される見込みだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -