ニュース
» 2011年07月28日 12時29分 UPDATE

Google、Gmailの“布教ツール”「EMAIL INTERVENTION」を公開

米国のWebメールユーザー数で3位に甘んじるGoogleが、Gmailユーザーが友達にGmailへの乗り換えを勧めるのに使えるツールを公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月27日(現地時間)、Gmailユーザーが他のメーラーを利用している友達にGmailへの乗り換えを効果的に勧めるためのツール「EMAIL INTERVENTION」を公開した。

 gmail intervention 1

 このページで「START THE INTERVENTION」ボタンをクリックし、次のページで「SIGN INTO YOUR GMAIL ACCOUNT」をクリックしてGoogleアカウントでログインすると、ユーザーの「連絡先」でGmail以外のアカウントを使っている人の一覧が表示される。

 gmail intervention 2 自分の連絡先の何%がGmail以外のユーザーかも表示される(複数アカウントユーザーの非Gmailアカウントもカウントされているのであまり参考にならない)

 一覧からGmailに誘いたい相手を選び、次のページでGmailを推奨するメールのひな型(「SWITCH TO GMAIL」という大きなボタンやGmailの長所を説明する動画が盛り込まれている)を選んで(カスタマイズもできる)「Send」ボタンをクリックすると、メールが送信される。

 米調査会社Hitwiseの7月の報告によると、6月26日の週の米国でのWebメールサイトの訪問者数が最も多かったのはYahoo! Mailで、2位はWindows Live Mail。Gmailは3位だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -