ニュース
» 2011年07月29日 10時49分 UPDATE

Gmailの広告機能を批判する動画「G-Mailman」、Microsoftが制作?

「ぼくはG-mailman。みんなのメールを読んで広告を届けるよ!」――。Gmailの広告表示機能を批判し、Office 365を勧める動画がYouTubeに投稿された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「G-Mailmanはみんなのメールを読んで関連する広告を見せてあげるよ」――米Googleの無料オンラインメールGmailの広告を批判し、Gmailの代わりに米Microsoftの「Office 365」を勧める動画が7月28日(現地時間)、YouTubeに投稿された

 米ZDNetのメアリー・ジョー・フォリー氏によると、この動画は20日にMicrosoftがデンバーで開催した社内の販売部隊向け年次集会「Microsoft Global Exchange(MGX)」で上映されたものという。ただし、Microsoftの確認はとれていない。

 「これからお見せするのはOffice 365とは全く逆のユーザー体験を表現しています」というテロップの後、Gmailのアイコンと「G」の文字を身に付けたメールマン(郵便局員)風の男性が登場する。「彼はあらゆる場所に同時に現れ、あなたについてのすべてを調査する。彼こそは“Gmail Man!」と続く。「メールマンはそんなことしちゃいけないのよ」という少女に対し「いいのさ。だってぼくはメールマンじゃなくてG-メールマンだもん」というシーンもある。

 gmailman 1
 gmailman 2

 この動画では、Gmailが関連する広告を表示するためにユーザーのメールをスキミングするが、必ずしもユーザーのニーズに合致する広告を表示できるわけではない例も具体的に示す。「あなたのメールはあなたのもの。Googleはそれを自分のものにしている。Microsoft Office 365。それはあなたの仕事にとってのよりよいソリューションです」というテロップでこの動画は終わる。

 MicrosoftとGoogleは、企業向けオンラインサービスで激しいシェア争いを展開している。Googleは27日、他のメールサービスからGmailへの乗り換えを推進するツール「EMAIL INTERVENTION」を発表した

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -