ニュース
» 2011年08月03日 15時05分 UPDATE

Windows 7の採用企業が増加 IDCのビジネスPC市場調査

IT調査会社のIDC Japanは、国内ビジネスPC市場に関するユーザー調査結果を発表した。

[伏見学,ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは8月3日、国内ビジネスPC市場に関するユーザー調査結果を発表した。マイクロソフトのOS「Windows 7」を導入している企業の割合は23.2%と、前回調査から大幅に増加した。

 同調査は2011年4月に実施。PCの平均利用年数については、デスクトップPCが4.6年、ポータブルPCが4.1年と、前回の調査(2010年7月)と比べて、それぞれ0.4年、0.5年延長した。ユーザー企業のPC製品に対する評価に関しては、全体の86.0%が「満足している」という結果となり、前回から0.6ポイント増加した。

 Windows 7を導入済みの企業の割合は23.2%と、前回調査の9.7%を大きく上回った。IDCでは、2011年末のWindows 7導入率は約30%に達すると予測している。

 PC製品に対する期待については、過去4回の調査でいずれも「安価な製品の提供」が第1位だった。

関連キーワード

Windows 7 | IDC | ビジネスPC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ