ニュース
» 2011年08月03日 18時01分 公開

富士通とキヤノン、クラウド事業で協業

富士通とキヤノンはクラウドサービスで協業する。キヤノンが富士通のクラウド基盤を利用して提供し、富士通は販売も行う。

[ITmedia]

 富士通とキヤノンは8月3日、クラウド事業で協業すると発表した。キヤノンは富士通の協力でドキュメントサービス「Canon Business Imaging Online 帳票・印刷サービス」を8月下旬から国内向けに開始し、海外向けも年内から順次展開する。

 今回の協業で、キヤノンは富士通のクラウド基盤「FGCP/S5」を活用し、キヤノンのクラウドサービス基盤「Canon Business Imaging Online」での品質と堅牢性の向上を図るという。

 また、富士通は「Canon Business Imaging Online 帳票・印刷サービス」を国内および北米市場で販売を行う。今後、2社ではクラウドサービス連携商材の共同での企画、開発、展開についても検討していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -