ニュース
» 2011年08月04日 14時05分 公開

導入事例:ベネッセがOracle Exadataを採用、マーケティング強化に

ベネッセコーポレーションは、マーケティング情報基盤として日本オラクルのデータベースマシン「Oracle Exadata」を導入した。

[ITmedia]

 日本オラクルは8月4日、同社のデータベースマシン「Oracle Exadata」がベネッセコーポレーションに採用されたことを発表した。ベネッセのマーケティング情報基盤として稼働する。

 ベネッセでは2009年8月からマーケティング情報基盤の検討が開始され、データ更新処理の速さなどから「Oracle Exadata」を採用した。更新処理時間は、従来の約10時間から約3時間程度に短縮されたという。

 また、バックアップシステムとして「Sun StorageTek」も導入している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -