ニュース
» 2011年08月16日 13時18分 公開

福井放送、デジタル放送に特化した営業放送システムを導入

福井放送は、NECの営業放送システム「S-CMWIN II」の初のユーザーとなった。

[國谷武史,ITmedia]

 NECは8月16日、民間放送局向けの営業放送システム「S-CMWIN II」が福井放送に採用されたと発表した。同システムの最初のユーザーとなる。

 営業放送システムは、放送番組やコマ―シャル(CM)の編成、CM枠の販売、放送後の広告主や広告代理店への放送確認書、請求書発行までの業務を一元的に管理する。民間放送局の基幹業務システムとなる。

 福井放送では、これまでアナログ/デジタル放送に対応した「S-CMWIN」を運用していたが、7月24日の地上デジタル放送への完全移行に伴い、同月25日からS-CMWIN IIの運用を開始した。S-CMWIN IIはデジタル放送に特化しており、データの管理や運用が容易にできるほか、マルチ編成や緊急特番への対応、放送確認書チェック機能などを備える。また、ワンセグの独立放送やテレビスポット広告取引EDI(デジタル放送対応版)、CM素材のファイル化への対応も準備しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -