ニュース
» 2011年08月19日 12時18分 公開

KVH、迷惑メールと情報漏えいの対策サービスを開始

SMXのサービス基盤を利用したメールセキュリティサービスを開始する。

[ITmedia]

 KVHは8月18日、クラウド型のメールセキュリティサービス「KVH MailScan MX」を22日から提供すると発表した。SLAに基づいたサービスとなっている。

 同サービスは、ニュージランドのメールセキュリティ企業SMXのサービス基盤を利用して提供する。迷惑メールやウイルスメールの誤検知率が過去5年間で0.0004%の高い精度が特徴という。フィルタリングによって有害なメールの送受信をブロックするほか、ユーザーの定義に基づいて機密情報がメールで流出するのも防ぐ。

 またWeb管理画面上で、送受信された全てのメールのログレポートやフィルタリングされたメールの確認、独自ルールの設定なども行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -