レビュー
» 2011年08月29日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:クラウドは「万能薬」ではない 〜クラウド活用のポイント

「クラウドは『万能薬』ではない。システムやサービスの特性に合わせた最適なインフラの「選択」と「組み合わせ」が重要」。データセンターで10年の実績を持つビットアイルがクラウド活用のポイントを解説する(提供:ビットアイル)。

[ITmedia]

 「クラウドは『万能薬』ではない。システムやサービスの特性に合わせた最適なインフラの「選択」と「組み合わせ」が重要」。こう述べるのは、データセンターで10年の実績を持つビットアイルだ。同社のインフラサービスは現在、約560の事業者に利用されている。

 本資料では、ビットアイルが考えるクラウドサービスの特徴(メリット/デメリット)や活用法、クラウドサービス「Cloud ISLE」について、プレゼンテーション形式で分かりやすく解説している。

 例えば、顧客が専用のサーバを用意し、通信事業者やインターネットサービスプロバイダーがデータセンターや回線、電源などの施設を提供するコロケーションサービスと比較したクラウドのメリット/デメリット。また、コンピュータリソースの需要パターンごとに、パフォーマンスやコストといった観点で、クラウドが最適とするケースについてグラフを用いて解説している。

 さらに、次世代のデータセンターに求められる基盤をサーバ、ネットワーク、ストレージの3要素で定義。顧客企業のシステムやサービスのライフサイクルに適した、柔軟なITインフラを提案している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -