レビュー
» 2011年09月05日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:企業に強固な認証を実装するための5つの必須ステップ

企業におけるクラウド利用が一般的になり、またスマートフォンによるリモートアクセス等の新しい通信形態が企業においても使われだす中、依然として脆弱なユーザ・パスワードが認証に使われている。これらの新しい技術を安全に使うための5つのステップを解説する(提供:日本ベリサイン)。

[ITmedia]

コンテンツ画像  今日の企業は、ビジネスをより効率的に営むために企業データへのアクセスの間口を広げており、それにより重要情報の共有機会が増えています。情報の安全対策という点については。ドアの鍵はかけているが窓を開けているようなもの、と言えます。

 例えば、自社のネットワークにアクセスする社員およびビジネスパートナーの認証方法として、今でも単純なユーザ名とパスワードを使用しています。十分な裏づけにより安全が証明された強固な認証ソリューションがあるにもかかわらず、それを利用して情報の安全対策に取り組み始めているのは、限られた数の企業です。

 しかし、セキュリティ侵害の被害は増加しています。Forresterの調査によれば、

  •  54%の企業が直近の12ヶ月間にセキュリティ侵害の被害にあっている
  •  3回以上被害にあった企業は、調査対象企業の3分の1にのぼる

 本書では、企業が自らの環境の安全性を高めつつ、新しいテクノロジがもたらす利益を得るためにはどうすればよいかについて5つの推奨ステップで示しています。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -