ニュース
» 2011年09月06日 11時44分 UPDATE

テレビ番組のオンデマンド視聴が拡大――Ericsson調べ

Apple TVやNetflix、Huluなどの製品やサービスの普及により、テレビ番組や映画のオンデマンド視聴の需要が拡大している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 スウェーデンのEricssonが9月2日(現地時間)に発表したテレビとビデオに関する調査結果によると、テレビ番組のネット経由のオンデマンド視聴が増加していることが明らかになった。

 この調査は、米国、英国、ドイツ、ブラジル、中国、スウェーデン、韓国など13カ国の1万3000人以上を対象に2011年6月〜8月に行ったアンケートに基づく。

 1週間に1回以上視聴するコンテンツは何かという質問(複数回答可)では、「放映中のテレビ番組」が圧倒的に多く、84%だったが、前年からは4ポイント減少した。2番目に多かったのは「YouTubeなどの短い動画」、3番目が「録画したテレビ番組」だった。2位と3位は前年から逆転している。また、オンデマンドでのテレビ番組および映画の視聴がそれぞれ前年より増加した。この調査をまとめたEricssonのアンダース・アーランドソン氏は、Apple TVなどの使いやすいSTBやNetflixのようなストリーミングサービスの登場がコンテンツのオンデマンド視聴を促進していると分析する。

 contents 1 テレビ/ビデオの視聴方法(資料:Ericsson)

 (受像機としての)テレビに求めるものは何かという質問では、多い順に「品質の向上(標準品質、高品質)」「CMの排除」「無線機能」「コンテンツのパーソナライズ機能」「使い勝手の向上」となった。「テレビでのインターネット利用」は約25%、「3D TV」は12%足らずだった。また、有料でも利用したい機能としては「映画館で公開中の映画の放映」「品質の向上」「CMの排除」「タイムシフト」「最高品質」の順だった。

 contents 2 テレビ機能に求めるもの(左)と有料でも利用したい機能(資料:Ericsson)

 テレビを見ながら何をしているかという質問では、多い順に「人との会話」「食事」「ネット閲覧」「電話」「ソーシャルメディア利用」となった。回答者の40%以上がソーシャルメディアを利用すると答えている。アーランドソン氏によると、特にリアリティショーやスポーツゲームの視聴中にTwitterやFacebookに投稿する視聴者が多いという。

 contents 3 テレビを見ながら何をするか(資料:Ericsson)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -