ニュース
» 2011年09月07日 19時20分 UPDATE

日立、中堅・中小向けのファイルストレージを発表

中堅・中小企業向けの仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform 50」を日立製作所が販売する。

[ITmedia]

 日立製作所は9月7日、中堅・中小企業向けの仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform 50」を発表した。9月9日より販売を開始する。価格は99万7500円から。

 新製品は、複数拠点に散在するメールや画像、映像などのコンテンツデータをデータセンターに集約し、煩雑な運用管理の軽減やストレージ容量の柔軟な利用を可能にするファイルストレージ装置。タワー型とラック搭載型の2種類のモデルを用意し、搭載メモリは4ギガバイト、SATAハードディスクドライブは最大で8テラバイト搭載できる。

 約10分間で装置の初期設定を完了できるGUIを備えるほか、既存のストレージ装置からオンラインでデータ移行できる「Universal File Manager for NAS」機能やスナップショットの作成/リストア機能、ファイル改ざん防止機能なども実装する。

関連キーワード

ストレージ | 日立製作所 | SMB


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -