ニュース
» 2011年09月08日 14時23分 UPDATE

中小企業のBCP策定を支援するサービス、日立情報が提供

中小企業庁の「中小企業 BCP 策定運用指針」を活用し、事業継続の計画の実装・配備までを支援する。

[ITmedia]

 日立情報システムズは9月8日、中堅・中小規模企業向けに事業継続計画(BCP)のコンサルテーションから実装・配備までを提供する「BCP/BCM コンサルティングサービス」を開始した。中小企業庁が公開している「中小企業 BCP 策定運用指針」を活用し、同指針の中のITに関わる項目などについて、支援する。

 コンサルティングではSoftware AGの「ARIS Platform」を利用。ヒアリングなど通じて、目的や課題、業務フロー、現場の声などを可視化する。人の動きとシステムの動きの両方に着目しているのが特徴という。代替手段の策定やオペレーション手順の定義・明文化、それらのシミュレーション、人員への教育を行う。IT基盤の実装は日立電子サービスと共同で対応する。

 期間は最短で10日間となり、利用価格は約250万円(税別)から。同社では2013年度末までに累計で100社の利用を見込んでいる。

関連キーワード

日立情報システムズ | BCP | SMB


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ