ニュース
» 2011年09月13日 16時12分 UPDATE

資生堂のグローバル基幹システムを中国に展開 日本IBM

グローバル展開を推し進める資生堂の基幹システム構築を日本IBMがサポートする。

[ITmedia]

 日本IBMは9月13日、資生堂のグローバル業務を支える基幹システムの構築を支援し、中国地域に展開したことを発表した。今年7月4日に上海にある資生堂の販売会社2社で稼働を開始したほか、2012年1月には北京の1社でも稼働をスタートする予定だ。

 資生堂の「グローバル情報システム」は、販売、物流、会計、調達、生産といった基幹業務を支援するシステム。SAPの統合業務パッケージ「SAP ERP 6.0」をベースに、「OneModel」というグローバル共通のテンプレートを構築し、各地域に展開している。

 今回、日本IBMは、生産会社、製販会社、販売会社それぞれに向けたテンプレートの構築を支援したほか、データ、業務プロセス、システムの標準化方針やシステム運用・保守方針の策定などを支援した。中国での展開は、中国IBMおよび中国グローバル・デリバリー・センターと協業した。

関連キーワード

資生堂 | 中国 | 基幹システム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -