ニュース
» 2011年09月15日 07時36分 UPDATE

PDFの電子署名も失効に、AdobeがDigiNotarの不正証明書問題に対応

DigiNotarの証明書を使ったデジタル署名入りのPDFファイルをReaderとAcrobatで閲覧すると、警告メッセージが表示されるようになる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 オランダの認証局DigiNotarの不正証明書発行問題で、米Adobe Systemsは9月13日、PDF文書で使われているDigiNotar関連の電子署名を失効させる措置を講じた。

 この措置はAdobeが9日のブログで予告していたもので、信頼できる認証局を認定する「Adobe Approved Trust List」(AATL)からDigiNotar関連の認証局を削除した。PDF閲覧・編集ソフトのAdobe ReaderとAcrobat X(version 10.x)では自動的に同リストが更新される。

 これにより、DigiNotarの証明書を使ったデジタル署名入りのPDFファイルをReaderとAcrobatで閲覧すると、警告メッセージが表示されるようになる。DigiNotarは主にオランダで営業しており、同国政府関連の文書にも影響が及ぶとみられる。

 Adobeは、ReaderとAcrobatのバージョン9.xについても、今後の更新版でAATLの動的なアップデートに対応させる方針。ブログでは当面の措置として、手動でDigiNotar関連の証明書を失効させる方法を紹介している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -