ニュース
» 2011年09月27日 13時41分 UPDATE

大塚商会、Windows Phone利用の企業向け支援策を発表

第一弾としてOffice 365をWindows Phoneで利用することで業務効率化を支援する施策を提供する。

[ITmedia]

 大塚商会は9月27日、日本マイクロソフトとの協業とWindows Phoneの企業利用促進を支援するメニュー「Office 365スマートフォン活用ソリューション」を発表した。Office 365スマートフォン活用ソリューションは、同日から提供を開始した。

 Office 365スマートフォン活用ソリューションは、Microsoft Office 365とWindows Phoneを組み合わせた環境の構築支援とサポートを提供するもの。「たよれーる Office 365」サービスの新メニューとなる。専門的なIT技術者がいない中堅・中小企業を主な対象としており、スマートフォンからOfficeアプリケーションやメール、予定表を利用できるようにすることで、ユーザーの業務効率化を支援するという。

 大塚商会は、構築支援や運用サポートに加え、サービスや通信回線の利用コストを一括で管理する仕組みも提供する。利用価格は10ユーザーでOffice 365 Plan E3を利用する場合が、月額2万8500円(税別、端末費や通信費、構築費などは別途)となっている。

関連キーワード

Office 365 | 大塚商会 | Windows phone | Microsoft


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -