ニュース
» 2011年09月29日 12時48分 UPDATE

日本HP、KPIベースでITシステムを評価・改善できるCIO向けツールを発表

日本HPのHP IT Performance Suiteは、自社のITシステムを包括的に評価し、改善したいと考える経営者およびCIO層向けツールだという。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は9月29日、ITの運用だけでなく、その評価や改善を支援するソリューションとして「HP IT Performance Suite」を発表した。10月1日に出荷を開始する。価格は1ユーザー当たり100万円(初回購入時は10ユーザーから)となる。

 このところ、パブリックとプライベートを組み合わせた「ハイブリッドクラウド」型でITシステムを構築したり、ユーザー端末としてPCだけでなくスマートフォンやタブレットを選択したりする企業が増え、企業のITシステムは複雑さを増している。同時に経営者やCIOには、社内外に分散するITシステムを包括的に評価し、活用することが求められているが、HP IT Performance Suiteを利用すればKPIに基づいた評価と、体系的な改善計画立案が可能になるという。

 HP IT Performance Suiteは、従来からあるHPの運用管理ソフトウェア群に加え、KPIベースのITマネジメントツール「HP IT Executive Scorecard」とコンサルティングサービス(ストラテジック・アドバイザリ・サービス)を組み合わせたものとして提供される。日本HPは発表の中で「ベストプラクティスとして選択されたKPIがダッシュボード画面にグラフ表示されるため、ITエグゼクティブは瞬時にITの健全性を把握できる」としている。

関連キーワード

HP | ベストプラクティス | CIO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -