ニュース
» 2011年09月29日 15時45分 UPDATE

クラウド管理市場が急拡大 ITRが国内運用管理市場動向を調査

システム運用管理分野とITサービス管理分野における製品を対象にITRが動向を調査した。

[ITmedia]

 調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は9月29日、国内運用管理市場に関する調査結果を発表した。

 同調査は、システム運用管理分野とITサービス管理分野における18の製品分野(表1)を対象に、国内42社のベンダー製品をレポートしたもの。2010年度の国内運用管理市場は、前年比14.6%増の約1332億円となった。2011年度は、東日本大震災後にバックアップを中心とした運用の見直し、強化を進める企業の増加により、同12.7%増になると予測している。

 中でも高成長を遂げているのが、仮想環境あるいは大規模物理サーバの運用管理の効率化、自動化を行う「クラウド管理」で、2010年度は前年からほぼ倍増の73億円と大きく伸びた。ベンダーシェアを見ると、トップはヴイエムウェアで16.4%、次いでマイクロソフト(13.0%)、日立製作所(12.7%)、HP(9.1%)と続いた。

表1 18の製品分野

<システム運用管理分野>

  • イベント管理市場
  • ネットワーク管理市場
  • サーバ管理市場
  • DBMS管理市場
  • アプリケーション管理市場
  • ジョブ管理市場
  • ストレージ管理市場
  • バックアップ/リカバリ市場

 (データ・バックアップ/システム・バックアップ/CDP/アプライアンス)

  • HAクラスタ市場
  • 仮想化構築市場
  • クラウド管理市場

<ITサービス管理分野>

  • サービスデスク/インシデント管理市場
  • IT資産管理市場
  • 変更/構成管理市場
  • PC資産管理市場
  • エンドユーザー体験管理市場
  • SLM/BSM市場
  • キャパシティ計画市場

関連キーワード

運用管理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -