ニュース
» 2011年10月05日 15時36分 UPDATE

NEC、Hadoop利用を支援するシステム評価シミュレータを開発

新開発の「性能評価シミュレータ」によって、Hadoopクラスタのシステム性能を構築前に予測できるようにした。

[本宮学,ITmedia]

 NECは10月4日、システム評価ツール群「システムモデルベースSI支援環境」をHadoopに対応させ、同社内での適用を開始したと発表した。

 システムモデルベースSI支援環境は、システムの可用性、拡張性、移行性、運用・保守性といった“非機能要件”を評価する複数のツールで構成される。新たに開発した「性能評価シミュレータ」によって、複数のスレーブサーバをスケールアウトさせて構築するHadoopクラスタのシステム性能を、実際の構築前に予測できるようにした。

 NECは「昨今、Hadoopを利用したシステムのさまざまな事例が増加しており、Hadoopの特性を生かしたシステム開発のニーズが高まっている」とし、同環境の適用によって「Hadoopを利用したシステムの信頼性を向上させるとともに、これまでのデータウェアハウス/ビジネスインテリジェンス系大量データ処理に加え、基幹系バッチ処理時間の大幅短縮を可能とする」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -