ニュース
» 2011年10月12日 10時56分 UPDATE

エフセキュア、個人向け統合セキュリティソフトの最新版を発売

ユーザーごとにWebアクセスルールを設定できる機能や国際ローミング時に通信料が高額になるのを防ぐ機能を新たに搭載した。

[ITmedia]

 エフセキュアは10月12日、個人向けの統合型セキュリティソフトの最新版「エフセキュア インターネット セキュリティ 2012」を発表した。25日以降にから同社サイトやパートナー経由で発売する。

 エフセキュア インターネット セキュリティ 2012では、新型のコンソール「Launch Pad」を搭載し、パネルから全ての機能を利用できるようにした。またWebセキュリティの「Online Safety」機能ではユーザーごとに設定をカスタマイズできる。同社のインターネット上のデータベースをリアルタイムに参照して脅威を検知する「エフセキュア ディープガード」では、スキャン時のパフォーマンスやマルウェア駆除能力の向上を図ったという。

 またWindows7がインストールされたPCでは、国際ローミングで通信を行う際に通信料が高額になることを防ぐ新機能も搭載する。モバイル通信回線の利用設定を自動的に最適化するほか、ウイルス定義ファイルや修正プログラムの受信をしないよう選択することもできる。

 価格はPC1台で利用期間1年のCD-ROM版が4980円、同ダウンロード版が4200円などとなっている。

関連キーワード

F-Secure | ウイルス対策ソフト | 2012


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -