ニュース
» 2011年10月17日 13時39分 UPDATE

日本オラクル、Solaris搭載サーバ「SPARC T4」を提供開始

サーバシステム「SPARC T4」を日本市場でも提供開始したと日本オラクルが発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは10月17日、エンタープライズOS「Solaris」を搭載したサーバシステム「SPARC T4」の国内提供を開始した。前機種と比べて単一スレッド当たりの処理速度が5倍以上に上昇したという。

 新製品は、8個のプロセッサコアを搭載し、最大で64スレッドを同時並列に実行する。クロック周波数は最大3.0GHz、コア当たりの独立L2キャッシュメモリは128キロバイト、8コア共有L3キャッシュを4メガバイト、OSにはSolaris 10、または2011年11月に提供開始予定のSolaris 11を搭載する。

 仮想化技術「Oracle VM for SPARC」や「Solaris Zones」により、「Oracle Solaris」インスタンス全体の仮想化と、アプリケーションごとの仮想化の双方を提供するほか、プロセッサに暗号化アクセラレータを搭載することで、16を超える業界標準暗号化技術をサポートし、通信、医療、金融サービス業界や公的機関などのデータの安全性を確保する。

 スペックや機能に応じて、「SPARC T4-1」「SPARC T4-1B」「SPARC T4-2」「SPARC T4-4」の4種類を用意する。価格は234万円(税込)から。

「SPARC T4-1」サーバ 「SPARC T4-1」サーバ

関連キーワード

SPARC | Oracle(オラクル) | Solaris


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ