ニュース
» 2011年10月18日 13時03分 UPDATE

日本オラクル、データベースファイアウォールを発売

データベースシステムに対する不正なアクセスを遮断するという。

[ITmedia]

 日本オラクルは10月18日、データベース向けセキュリティ製品「Oracle Database Firewall」の日本語版を11月9日に発売すると発表した。

 新製品は、アプリケーションサーバとデータベースサーバの間に設置し、SQLインジェクション攻撃などによるデータベースへの不正アクセスを遮断する。また組織の内部関係者による不正行為も阻止するという。

 またネットワーク経由でデータベースに送られるSQLコマンドの履歴を収集し、ポリシーに違反する不正なSQLコマンドを見つけると、すぐに監視システムに対して警告を発する。専用のサーバに履歴を保管することによって、内部不正などの問題が発生した場合に、原因の究明や追跡に役立てることができるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -