ニュース
» 2011年10月21日 12時08分 UPDATE

NTTデータとOKI、グローバルITサービスで協業

第一弾として、OKIデータの業務システムをNTTデータの海外データセンターで運用する体制に、20%のコスト削減を図るという。

[ITmedia]

 NTTデータと沖電気工業(OKI)は10月21日、OKIグループのグローバル事業におけるIT基盤の運用などについて協業することを発表した。

 協業の第一弾では、世界120カ国でプリンタ事業を展開しているOKIデータの業務システムを、NTTデータのマレーシアデータセンターが提供する「INERPIA/イナーピア SAPホスティングサービス」にする。これにより、2013年度までに日本を含むアジア拠点におけるデータセンターの運用コストを20%削減させるという。

 また両社は、今回の協業を契機に海外市場へ進出する企業にグローバルITサービスを提供していくとしている。

関連キーワード

沖電気工業 | NTTデータ | 海外 | ITサービス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -