ニュース
» 2011年11月07日 09時56分 UPDATE

FacebookのザッカーバーグCEO、Forbesの「影響力ランキング」で9位に

Forbes恒例の「世界で最も影響力のある70人」に、IT業界からはビル・ゲイツ氏やマーク・ザッカーバーグ氏、ラリー・ペイジ氏、孫正義氏などがランクインした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Forbes誌が毎年発表する「世界で最も影響力のある70人」ランキングで、米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO(27)が9位にランクインした。前年は初登場の40位だった。20代でランクインしたのは同氏だけだ。

 forves 「世界で最も影響力のある70人」のトップ10

 同誌が11月4日(現地時間)に公開したリストによると、1位は昨年2位だったバラク・オバマ米大統領(50)。IT業界からは、ザッカーバーグ氏のほか、米Microsoft会長のビル・ゲイツ氏(56)が5位に、米Googleの共同創業者であるラリー・ペイジCEO(38)とサーゲイ・ブリン氏(38)が30位に、米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEO(47)が40位に、米Appleのティム・クックCEO(51)が58位に入っている。昨年のランキングでは、10月5日に亡くなったスティーブ・ジョブズ氏がAppleのCEOとして17位に入っていた。

 日本人としては、日本銀行の白川方明総裁(62)が36位で最も高いランクで、ソフトバンクの孫正義社長(54)が60位に、野田佳彦首相(54)が62位に入った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -