ニュース
» 2011年11月10日 13時25分 UPDATE

トレンドマイクロ、モバイル用セキュリティ対策ソフトの最新版発表

対応OSにiOS、BlackBerryが追加され、セキュリティ機能の強化も図っている。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは11月10日、企業向けのモバイル端末用セキュリティ対策ソフトの最新版「Trend Micro Mobile Security 7.1」を発表した。2012年1月12日から受注を開始する。

 最新版では対応OSが、これまでのAndroid(2.1以降)とWindows Mobile(5.0〜6.5)に加え、iOS(4.x〜)、BlackBerry(4.x〜)にも対応した。新対応OSでは盗難・紛失対策と、カメラやブラウザなどの機能制限、端末管理機能を利用できる。

 またAndroid向けには、無線LAN設定などの一斉適用、インベントリの管理、ログ管理などの機能がを新たに利用できるようになった。参考標準価格(250〜499アカウント時、税別)は、セキュリティ対策と集中管理の「スタンダード」が年間3110円、セキュリティ対策と集中管理、デバイス管理のアドバンスが同6220円となっている。

アドバンスの機能対応状況
機能 Android iOS BlackBerry Windows Mobile
不正プログラム対策 - -
Web脅威対策(Webレピュテーション) - -
着信/SMSフィルタ -
リモートロック
リモート消去
リモート検索 - -
機能ロック
パスワードポリシー
アプリケーションコントロール - -
デバイスプロビジョニング -
インベントリ管理
ポリシー管理
ログ管理
管理者への通知
レポート

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -