ニュース
» 2011年11月11日 08時00分 UPDATE

さよならWindows XP:XP資産を延命する、アプリの「塩漬け」

Windows 7への移行をためらう理由の1つとしてWindows XPアプリケーションの継続利用がある。XPモードで過去の資産を生かすことは可能だが、あくまでも「延命策」であることを念頭に置いてほしい。

[敦賀松太郎,ITmedia]

互換が不十分だったVistaへの移行

 Windows 7の1つ前のバージョンであるWindows Vistaは、一新されたユーザーインタフェースと数多くの新機能を備え、Windows XPの後継バージョンとして華々しく登場した。ところが、Windows Vistaは商業的に大失敗に終わってしまう。その理由の1つに、Windows XPとの互換性が十分でなかったことが挙げられる。

 Windows Vistaでは、Windows XP用として開発されたソフトウェアが対応せず、機能しないことがあった。これは、独自に開発したクライアントアプリケーションだけでなく、パッケージとして市販されたアプリケーションやユーティリティソフトウェアの中にも、Windows Vistaでは動作しないものが多く存在した。

 こうした互換性の課題を解決するために、Windows Vistaには「互換モード」が用意された。この互換モードは、Windows Vistaで採用された新機能(表示色数、解像度、視覚テーマなど主に画面表示関連の機能)を一部無効にし、Windows XP用に作られたソフトウェアの非互換性要因を軽減しようというものだ。しかし、それでも動作しないソフトウェアは少なくなかった。ドライバが非対応のハードウェアもまた然りである。

 そもそもWindows Vistaの時代は、Windows XPからWindows Vistaに移行する必要性は乏しかった。言い換えれば、Windows Vistaにしなければ使えないソフトウェアやハードウェアは存在せず、Windows XPのまま使い続けても何ら不自由はなかった。こうした事情も加わって、多くの企業はWindows Vistaへの移行を見合わせた。

仮想化技術の発展により生まれたXPモード

 Windows Vistaの反省を踏まえ、マイクロソフトはWindows 7においてWindows XPの完全互換を目指した。そこで生まれたのが「Windows XPモード」である。

 Windows XPモードというのは、Windows XPそのものを仮想化ソフトウェアのVirtual PC上で動作させることで、Windows XP用に作られたソフトウェアの互換性を実現するものだ。サーバ仮想化でもそうだが、古いOSやソフトウェアを仮想環境にそっくり移植して使い続けることを「塩漬け」と呼ぶ。仮想化ソフトウェアを使って、塩漬けのまま力技でWindows XPを動かしてしまうという発想は、当然のことだが仮想化技術の進展と深い関係がある。Windows VistaでもVirtual PCをインストールして、仮想マシン上でWindows XPを動作させれば同じことが可能だが、Windows Vista時代は仮想化環境、とりわけハードウェアのサポートが十分でなかった。それが、Intel-VTやAMD-Vによってプロセッサが仮想化対応になり、PCのハードウェア性能も向上したことで、Windows 7ではWindows XPの環境をほぼ再現できるようになった。これがWindows XPモードをOSの機能として用意できた要因だろう。

図 Windows 7のスタートメニューからWindows XPモードを開いた画面

利用可能なエディションに注意

 Windows XPモードを利用するには、マイクロソフトのWebサイトからVirtual PCとWindows XPモードのファイルをダウンロードする。Windows XPモード自体は、Virtual PC用の仮想ハードディスクファイルとして提供されている。Virtual PCを先にインストールして、その後にWindows XPモードをインストールすれば、ソフトウェアが導入されていないWindows XPの仮想マシンがWindows 7上に出来上がる。

 ここにWindows 7では稼働できない、非互換のソフトウェアをインストールする。インストールしたソフトウェアは、仮想マシン上のWindows XPデスクトップで開くこともできるし、Windows 7デスクトップ上に独立したウィンドウのアプリケーションとして開くこともできる。

 ただし、Windows XPモードには、いくつかの制限もある。まず、ビジネスで利用するWindows XP用ソフトウェアを想定しているため、Windows XP用に開発されたDirect Xを利用する3Dグラフィックスのソフトウェア、オーバーレイなどの機能を使うTVチューナーなどのソフトウェアは動作しないか、動作しても正しく表示できない。

 そのために、利用できるエディションも限られている。Windows XPモードが利用可能なのは、ビジネスで利用されることの多いProfessional、Ultimate、Enterpriseの各エディションのみだ。Windows 7 PCにプレインストールされていることの多いHome Premiumでは、Windows XPモードを利用することはできない。企業でも、ActiveDirectoryをディレクトリシステムとして利用していなければ、Home Premiumを導入してしまうケースもよくある。Windows XPモードを利用する場合には注意が必要だ。

XPモードはあくまでも「延命策」

 では、Windows XPモードでも動かないWindows XP用ソフトウェアをビジネスに利用している場合はどうするか。最善策は、Windows XPのクライアントマシンはネットワークセグメントを完全に分けて外部ネットワークと遮断し、インターネットアクセス、メールの送受信などを行わないことだ。これならば、セキュリティパッチの提供も終了する2014年のサポート終了移行でも、ハードウェアが壊れない限り使い続けることができるだろう。

 Windows XPモードが用意されたWindows 7ならば、Windows Vistaでは躊躇していた移行もやりやすいだろう。しかし、根本的な解決は、Windows XP環境で動いていたソフトウェアをそのまま使うことではなく、Windows 7対応にバージョンアップすることだ。もちろん、このご時勢なので、すぐにバージョンアップできない場合もある。Windows XPモードとは、そんな場合に対応するための、あくまでも「延命策」なのである。

関連キーワード

Windows XP | XPモード | Windows Vista | Windows 7 | Virtual PC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ