ニュース
» 2011年11月15日 19時10分 UPDATE

インフォマティカ、マスターデータ管理ソフト「Informatica MDM」を発売

「Informatica MDM」を利用すれば、顧客データや商品データなど、複数の業務システムに分散したデータを統合的に管理できる。

[本宮学,ITmedia]
photo 吉田浩生社長

 インフォマティカ・ジャパンは11月15日、マスターデータ管理(MDM)ソフト「Informatica MDM」を2011年内に発売すると発表した。種類が異なる複数の業務システム内に保存されているデータを統合的に管理することで、企業のビジネスプロセスの改善や業務効率の向上を実現するという。

 Informatica MDMは、CRM(顧客関連管理)や製品管理など複数の業務システムに分散して保存されている顧客データや製品データなどを収集し、それらを統合して1つのマスターデータを作成するソフト。ユーザーはこうして作成したマスターデータを業務に利用すれば、複数の業務システムからデータを集約する作業から解放されるほか、散在するデータの活用によって、営業活動の効率化などを実現できるという。

 新製品では、複数の業務システムで管理されている各種データを1人1人の顧客にひも付けて統合的に管理する「マルチドメイン」という方式を採用した。ユーザーは目的に応じて顧客、製品、パートナー、サプライヤ、資産、場所などさまざまな「ドメイン」を指定すれば、例えば特定の顧客に対し、どの営業部または代理店が、どの製品に関してどこで何回営業活動を行ったかなど、必要なデータを一元化したマスターデータを作成できるという。

 また、マルチドメイン方式の採用で、まずは重要データの統合から始めて必要に応じて後からドメインを追加していくというスモールスタートを可能にした。同社の従来のMDMソフトと比較して、導入にかかる期間を短縮するほか、システム管理や機能拡張などを容易にするという。

 複数の業務システムにそれぞれ異なる名称で登録された顧客名や商品名などを「名寄せ」する機能も搭載した。例えば「Mr. James Rapp」「James N. Rapp」「Mr. Jim N. Rapp」といった複数の名称を同一人物であると自動認識し、顧客情報を統合的に管理できるようにしたという。

photophoto

関連キーワード

Informatica | 業務 | MDM | ドメイン | ソフトウェア | 企業


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -