ニュース
» 2011年11月16日 12時56分 UPDATE

Hootsuite、ダッシュボードに「Google+ページ」管理機能を追加

Facebook、Twitter、LinkedInを管理できるHootsuiteのダッシュボードでGoogle+ページも管理できるようになった。サークル別の投稿や、ページのコメントや+1の確認ができる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソーシャルメディアアカウントを一元的に管理できるクライアントソフトHootsuiteを提供するカナダのHootsuiteは11月15日(現地時間)、米Googleとの提携により、Hootsuiteのダッシュボードにソーシャルメディア「Google+」の「ページ」を管理する機能を追加したと発表した。まずは、企業向けの有料版「Hootsuite Enterprise」で限定的に開始した。

 これにより、Google+ページを持つHootsuite Enterpriseユーザーは、ダッシュボードでGoogle+の「サークル」を管理できるようになる。例えば、サークルを限定した投稿やページへのコメントや+1の閲覧、ページ分析ツールのダッシュボードからの利用などが可能だ。

 hoot

 同機能を利用するには、招待リクエストページから申し込む必要がある。

 Hootsuiteのダッシュボードは、米Facebook、米Twitter、米LinkedIn、mixiなどに対応しており、これにGoogle+が加わった。Hootsuiteのユーザーは現在260万人以上。

 Googleは同日、Hootsuiteの他、5社のソーシャル関連サービス企業(Buddy Media、Context Optional、Hearsay Social、Involver、Vitrue)と提携したと発表した。

 Google+ページは、Googleが7日にスタートした企業やブランド向けの公式ページサービス。Google+ページ自体にもさまざまな管理機能が備わっているが、複数のソーシャルメディアをサードパーティーのツールで一元管理している企業のために、これらのツール提供会社と提携したという。今後提携先を拡大していく計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -