ニュース
» 2011年11月18日 15時21分 UPDATE

シスコ、スマートデバイス向け統合セキュリティソリューション「SecureX」を発表

シスコは、同社のセキュリティ製品やパートナー企業のサービスなどで構成する統合セキュリティソリューション「ScureX」の提供を通じ、企業におけるスマートデバイスの安全な利用を支援する。

[本宮学,ITmedia]

 シスコシステムズは11月18日、スマートフォンやタブレットPCの安全な業務利用を支援する統合セキュリティソリューション「SecureX」を発表した。同社のセキュリティ製品やパートナー企業のサービスなどを統合的に提供することで、ユーザーのネットワーク全体で高レベルなセキュリティ環境を構築するという。

 SecureXは、「安全な利用環境の構築」「利用者やスマートデバイスの識別」「モバイルデバイス管理(MDM)」の3要素で構成される。内容は次の通り。

  • 安全な利用環境の構築

 モバイルアクセス製品「Cisco AnyConnect」によってアクセス環境を可視化した上で、セキュリティソフト「IronPort」でセキュリティポリシーを策定。スパムメールやマルウェアなどを防御することで、安全なスマートデバイスの利用環境を構築するという。

  • 利用者やスマートデバイスの識別

 アクセス管理製品「Cisco ISE」やパートナー企業の証明書発行サービスを通じ、ネットワークの利用者や利用端末を識別する。Cisco ISEは、ID/パスワードによる認証だけでなく、ネットワークにアクセスしている場所や利用しているデバイスの種別などさまざまな条件に基づく「多要素認証」が可能で、企業内ネットワークへのアクセスが許可された利用者/デバイスを高精度で認証するという。

  • モバイルデバイス管理(MDM)

 ベリサイン、モバイルアイアン、サイバートラストのMDM製品の提供を通じ、スマートデバイスの機能制御や、盗難・紛失時に遠隔からロックやデータ消去ができるようにする。

 同社はSecureXの提供を通じ、デバイスの種類やクラウド、仮想化といった環境を問わず「常に最適なセキュリティをユーザに提供する」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -