レビュー
» 2011年12月02日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:オープンな「NICパーティショニング技術」による、効率的な10GbE帯域の活用

スイッチに依存しない、オープンな10GbE帯域分割機能が登場(最大8つのGbE NICに分割可能)。効率的な仮想化、クラウド環境の構築を支援。

[ITmedia]

 仮想化の普及、ITインフラコンソリデーションの要求、マルチメディアのリッチコンテンツ化、クラウドコンピューティングの拡大など、昨今のあらゆる状況が、サーバあたりのネットワークポートと十分な帯域を必要としている。

 但し、今まで市場に存在したネットワーク帯域分割のテクノロジは、使用するネットワークスイッチに依存した、ベンダー独自の技術であり、高い導入費用と複雑な設定運用方法が障壁となっていた。

 そこで、このような課題を解決し、物理・仮想の両環境で利用できるパワフルなテクノロジーとして登場したのが、10GbEネットワークインタフェースカード(NIC)側の標準機能でパーティショニングを行う「NPAR」である。

 デルは、Broadcom社の協力のもと、10GbE NICのパーティショニング機能をDell PowerEdgeブレードサーバに搭載したため、低コストでスイッチに依存しないネットワーク帯域管理ができるようになった。

 本資料では、NPARの具体的な機能や設定方法、メリットなどを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -