ニュース
» 2011年12月06日 19時15分 公開

日本HP、ビッグデータ活用に向けたITインフラ構築サービスを開始

日本HPは、Hadoopに対応したサーバ製品、DB製品、システム監視・管理ツール、導入コンサルティングサービスなどを統合的に提供する「HP Hadoop HBaseサービス」を始めた。

[本宮学,ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は12月6日、企業のビッグデータ活用を支援する「HP Hadoop HBaseサービス」の提供を開始した。大規模分散データ処理技術「Hadoop」に対応したサーバ製品、データベース(DB)製品、システム監視・管理ツール、導入コンサルティングサービスなどを統合的に提供することで、企業におけるビッグデータ収集、保管、処理のためのITインフラの構築を支援するという。

 HP Hadoop HBaseサービスは、Hadoop向けの高密度サーバ「HP ProLiant SL160s」に、HadoopおよびオープンソースのDB「HBase」を搭載したシステムを提供する。併せて、オープンソースのシステム管理ツール「Zabbix」向けに同社が開発したHadoop監視プラグインを提供するほか、これらのハードウェア/ソフトウェアの導入を支援する「ビッグデータコンサルティングサービス」も提供する。

 最小構成価格は1500万円から。同日から出荷を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -