ニュース
» 2011年12月12日 12時22分 公開

中小企業向けBI分野で協業 三菱電機インフォメーションテクノロジーと京セラ丸善システムインテグレーション

三菱電機インフォメーションテクノロジーと京セラ丸善システムインテグレーションは、DWH製品とBIツールの連携ソリューションを提供していく。

[ITmedia]

 三菱電機インフォメーションテクノロジー(MDIT)と京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI)は12月12日、中小企業向けのBI(ビジネスインテリジェンス)/DWH(データウェアハウス)分野で協業したと発表した。

 具体的には、MDITのDWH製品「AnalyticMart」とKMSIのBIツール「Yellowfin」を連携したソリューションを提供する。価格は130万円から。両製品の今後3年間の目標導入企業数は500社(単一導入も含む)としている。

 AnalyticMartは、「構築支援機能AAS」、「データ統合機能RSF/DSF」とシンプルな構造の「大福帳データベースAQL」により、システム導入から運用までのコストを大幅に削減できるという。Yellowfinは、DWH側に集約されたデータから必要なデータを抽出し、自由に視点を変えて対話的にレポートを作成するほか、iPad、iPhone、Androidなどのモバイル端末に対応するのが特徴だという。

AnalyticMartとYellowfinの連携 AnalyticMartとYellowfinの連携

関連キーワード

BI | データウェアハウス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -