レビュー
» 2011年12月15日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:VMware vCloud Director マルチテナント型クラウド(IaaS)運用 検証レポート

企業システムのクラウド移行が進み、多様なシステムがその上で動くようになると、管理性の問題が顕在化するようになる。

[PR/ITmedia]

 多様な要求に対応するためにクラウド内部の構成が複雑化していくと、柔軟性が低下したり、ITリソースを確保するのに時間がかかるといった問題も発生します。できる限りシンプルなリソースプールを構築し、それをわかりやすい形で各サービスに展開できる仕組みが求められる。

 特に、多様な部門、多岐に業務を運用する大規模なプライベートクラウドが多くなるにつれて、マルチテナント型のモデルを導入する企業は増えていくと予想される。そのため 今後は“マルチテナント”を前提とした運用環境の確立が重要なテーマとなるだろう。その基盤として活用できるのが「VMware vCloud Director」である。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -