ニュース
» 2011年12月16日 12時17分 公開

富士通、リスク分析予測ソフトを発売

製品の市場での評価を複合的に監視・分析して重大な不具合を事前に察知し、対策が取れるように支援するという。

[ITmedia]

 富士通と富士通中部システムズは12月16日、リスクの分析・予測ソフトウェア製品「QRMining」を発売した。消費者向け製品を手掛ける企業向けに提供する。

 新製品は、政府など公開する消費者情報や企業のコールセンターに寄せられたクレーム、インターネット上の風評を複合的に監視・分析し、自社製品の重大な不具合の発生を予測する。これにより、企業は迅速な対策を打てるようになるという。

 富士通研究所が開発した複数の技術を用いており、自動車関連企業との共同実証で効果も確認したとしていれる。ソフトウェアの利用は月額122万円からの料金が必要。12月下旬から提供を開始する。

関連キーワード

富士通 | クレーム・苦情 | 風評


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -