レビュー
» 2011年12月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:標的型サイバー犯罪がもたらす、ビジネスへの影響と損害

特定の企業(従業員)を陥れるためのサイバー犯罪が増加している。独自の調査結果を基に「標的型サイバー犯罪」の脅威を解説する。

[PR/ITmedia]

 シンプルでありながら致命的な打撃を与える「標的型サイバー犯罪」は、機密情報の流出、数千ドル(またはそれ以上)の利益の損出、更には会社のブランドにダメージを与える。

 2010年〜2011年の間で「標的型サイバー犯罪」のターゲットとなった例や、独自の調査結果を基に、ビジネスへの影響と損害について解説いたします。

――――――ホワイトペーパーより一部抜粋――――――

  • はじめに:標的型サイバー犯罪(ターゲットアタック)は、防御をすり抜けてやってくる
  • ステルス: 攻撃者の技術を知る
  • 調査結果: 「標的型サイバー犯罪」の増加
  • 自社のビジネスが標的になったら

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -