レビュー
» 2011年12月27日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:VMware導入事例:【中外製薬】SAPの基幹システムを仮想化し、DRサイトでのリカバ リを4時間で実現

基幹業務システムを仮想化すると同時に、ストレージの最適設計およびVMware vCenter Site Recovery Managerの活用で、DRサイトのリカバリ短期化を実現した

[PR/ITmedia]

 中外製薬は、サーバ台数の増加に伴って増大する管理負荷やサーバリプレース時の負担の軽減、そしてアプリケーションの延命の実現に向けて、2006年からVMwareソリューションによるサーバの仮想化を段階的に開始した。

  • Unixで稼働していた基幹システムを仮想環境へ移行とSAP ERP 6.0へのアップグレード
  • DRサイトの構築を短期間に実現
  • リカバリプロセスを自動化し、テストの複雑さを可能な限り簡素化
  • 従来4日間かかった災害発生時の復旧が約4時間で可能に

 これらの成果を達成した同社の事例を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -