ニュース
» 2012年01月05日 12時14分 UPDATE

中堅企業向けソリューションで協業、日本IBMとJBS

シンクライアントシステムやITサービスの活用、ビジネスプロセス管理などの分野で協業する。

[ITmedia]

 日本IBMと日本ビジネスシステムズ(JBS)は1月5日、中堅企業向けのソリューションに関して協業すると発表した。共同でのマーケティング活動を実施していく。

 協業ではJBSが中堅の外資系金融業向けにJBSがIBMのx86サーバを採用したシンクライアント・ソリューション、また、多くの中堅企業向けに「IBM Tivoli Endpoint Manager」を活用したIT資産管理サービス「JBS Managed Endpoint」も提供する。

 さらには、ビジネスプロセス管理(BPM)ソフト「IBM Business Process Manager」やBPMツール「IBM Blueworks Live」を活用して、出荷管理や引合い管理など、製造業および流通業の中堅企業の

お客様の課題や企業規模に合わせて最適化した18個のテンプレートを新たに作成し、業務コンサルテーションも展開する。

 日本IBMは1月にJBS専任チームを設立し、JBSの案件発掘活動を支援する。共同でのマーケティング活動も実施していく。

関連キーワード

IBM | 協業 | SMB


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -