レビュー
» 2012年01月30日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:【導入事例】NTTデータの大規模リアルタイム・データ分析実証実験

センサが生成する毎秒数十万件というデータをリアルタイムで処理。大規模リアルタイムデータ処理でCEP(Complex Event Processing:複合イベント処理)の有効性を確認。

[PR/ITmedia]

 NTTデータは、橋梁に異常がないかどうかを検知するシステム「BRIMOS」でリアルタイム・データ分析CEPエンジン「Aleri Streaming Platform」と高速データ分析基盤「Sybase RAP ―The Trading Edition」を検証。約1万個ものセンサを想定し、毎秒数十万件というデータを処理できることを確認した。

◆主な利点:

  • 複数データ・ソースを用いた複合イベント処理の実現
  • リアルタイム・データ分析における高いパフォーマンス
  • 分析ロジック開発における高い生産性
  • 外部数値演算ライブラリーとの高い親和性

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -