ニュース
» 2012年02月01日 17時10分 UPDATE

ウォッチガード、中小企業向けセキュリティアプライアンスに新モデルを追加

全てのセキュリティ対策機能を有効にした場合のスループットは最大45Mbps。75ユーザーまでの環境に最適という。

[ITmedia]

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは2月1日、50〜75ユーザー環境向けのセキュリティアプライアンスの新製品「WatchGuard XTM 33」を発売した。

 新製品は、スループットがファイアウォールで最大850Mbps、VPNで同100Mbps、全てのセキュリティ対策機能を有効にした場合で45Mbpsの高い性能を実現したという。PCやiOSデバイスに対応したVPN接続機能やアプリケーション制御機能、インターネット上にある不正サイトのIPアドレスのURLのデータべ―スを参照して有害サイトに接続されるのを阻止する「WatchGuard Reputation Enabled Defense」機能などを搭載する。

 有線ネットワーク対応モデルのほか、IEEE 802.11a/b/g/nの無線ネットワークに対応したモデルも提供する。

watchguaed0201.jpg WatchGuard XTM 33

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -