ニュース
» 2012年02月03日 09時20分 UPDATE

Reuters、キュレーティングサイト「Social Pulse」立ち上げ

Reutersが、Twitterで話題になっている記事や企業をリアルタイムで反映させるメディアサイト「Social Pulse」をスタートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米情報サービス大手のThomson Reutersは2月1日(現地時間)、ニュースサイトReuters.comに新しい“ソーシャルメディアハブ”、「Social Pulse」を開設したと発表した。

 Social Pulseは、Reutersのソーシャルネットワーク(Reutersやその記者らがフォローしているTwitterアカウントからのフィード)でリアルタイムで話題になっているReutersの記事を紹介する「THE HIT LIST」、株価情報、“最もソーシャルなCEO”リスト「REUTERS & KLOUT 50」などで構成される。

 reuters

 いずれも、Twitterのデータに基づいており、Facebookなどの他のソーシャルサービスの情報は反映されていない。

 Reutersが公式Twitterでフォローしているのは約800のジャーナリストやメディアで、一般読者ではない。The HIT LISTには、こうしたメディアのプロの間で話題になっている記事が表示される。Reutersが自ら編集しているトップページと比較するとその違いが分かる。

 株価情報は、米Web分析企業WiseWindowが膨大なリアルタイムデータを収集・キュレーティングした情報に基づいているという。

 REUTERS & KLOUT 50は、米Web分析企業Kloutが提供するスコアを基に、アクティブにツイートしている米国企業のCEOの上位50人を表示する。このリストは毎日更新される。

 Reutersをはじめとする大手メディアがTwitterやFacebookなどのボタンを記事に設置してソーシャルメディアを利用するようになって久しいが、Social Pulseはさらに踏み込んだ利用法といえるだろう。Reutersは1月には米Google傘下のYouTubeに公式チャンネルを開設している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -