ニュース
» 2012年02月08日 11時00分 UPDATE

NEC、モバイル端末管理サービスを開始 組織階層に応じた管理に対応

ファーストユーザーとして、出光興産が採用を決定した。

[ITmedia]

 NECは2月8日、企業向けのスマートフォン/タブレット端末管理サービス「スマートデバイス管理サービス」の提供を開始した。第一号ユーザーとして、出光興産が業務用に導入した「MEDIAS WP N-06C」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)の運用管理において同サービスの採用している。

 新サービスは、業務利用する端末の状況の把握や盗難・紛失の際の情報漏えい対策、ソフトウェアの更新、遠隔操作による端末内データの削除といった機能を提供する。組織階層に応じた管理グループを設定して、グループごとにモバイル端末の利用ルールの設定や管理、管理者の設置、権限の設定などができるのが特徴。

 また対象端末の範囲を予め登録しておくことで、設定内容を自動的に適用できるほか、24時間対応のヘルプデスクサービスも提供。オプションメニューとして、ウイルス対策やWebフィルタリングの「ウイルス対策サービス」、外部認証と連携する「エンタープライズサービス」も用意する。

 利用料金は、初期費用30万円のほか、基本サービスが1ID当たり月額300円、オプションの「ウイルス対策サービス」が同200円、「エンタープライズサービス」が個別見積り(いずれも300ID利用時、税別)。対応端末はAndroid OS 2.2以降を搭載したスマートフォンやタブレット端末。iOSなどでの利用は応相談。

 出光興産は、同サービスの端末のホームアプリ設定機能やデバイス制御機能などを活用する予定という。

nec0208.jpg サービスイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -