ニュース
» 2012年02月08日 14時37分 UPDATE

マカフィーのアプリケーション制御製品の最新版、クラウド連携機能を搭載

マカフィーは「McAfee Application Control」の最新バージョンを発売した。

[ITmedia]

 マカフィーは2月8日、セキュリティ対策製品「McAfee Application Control」の最新版の提供を開始したと発表した。

 同製品は、信頼済みアプリケーションのリスト(ホワイトリスト)に基づいてサーバやデスクトップ上で実行できるアプリケーションを制限する。最新版では、同社のファイルの安全性評価データベースと連携する機能を搭載。ユーザーが使用しようとするファイルについて、ホワイトリストでの登録の有無や安全性を確認できるほか、評価情報のないファイルに関しては強調表示してユーザーに注意を促すようにした。

 また、ホワイトリストをシステムの修正や変更などに合わせて更新する「ダイナミックホワイトリスティング」機能や、ホワイトリストに登録されていても脆弱性を抱えるアプリケーションについてバッファオーバーフローなどの脆弱性を悪用されないようにするメモリ保護機能も持つ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -