ニュース
» 2012年02月13日 16時54分 UPDATE

SAPジャパン、SAP Business Suiteの機能を拡張

情報や処理メニューへのアクセス強化など、使い勝手を向上させるための機能強化がなされている。

[ITmedia]

 SAPジャパンは2月13日、「SAP Business Suite」の業界別・業務部門別向けの機能拡張を図り、同日から提供を開始した。情報や処理などの機能に容易にアクセスできるインタフェースの改良など行っている。主要な強化ポイントは以下の通り。

  • サプライチェーン業務向け「SAP Supply Network Collaboration」ではサプライヤーのパフォーマンス評価機能を向上。広範囲のサプライヤーとの情報連携を実現する機能も提供
  • マーケティング業務向けユーザーインタフェースで、ユーザーが大量のデータソースからマーケティングキャンペーンで対象にするグループをインタラクティブに抽出できる機能を搭載。対象者を効果的に絞ったキャンペーン展開が可能
  • 設備資産管理ソリューション「SAP Enterprise Asset Management」のユーザーインタフェースを刷新。作業者の安全やリスク管理の機能と統合し、安全性の向上を支援
  • 旅費清算プロセスの簡素化を図る「SAP Travel Management」を提供
  • 経理や財務処理関係のユーザー向けにコンテクスト情報のあるサイドメニューを提供。メモや添付、分析、Webコンテンツなどを使って情報の収集や活用が可能
  • SAP ERPで製造部門業務向けにロット情報の取り扱いやコストプランニング、ラベル印刷などの機能向上
  • 課金請求業務向け機能で「エンド・トゥ・エンド」での前払いプロセスに対応。CRMと連携し、新商品や新サービスの設計や導入作業の簡易化、作業の促進化を支援

関連キーワード

SAP | SAP Business Suite


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -