ニュース
» 2012年02月15日 14時25分 UPDATE

日本オラクル、輸出入規制管理アプリーケーションを発表

オラクルのERP製品スイートの一製品である輸出入規制管理アプリケーション「Oracle Global Trade Management」を発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは2月15日、グローバル企業向けの輸出入規制管理アプリケーション「Oracle Global Trade Management」を発表した。

 新製品は、オラクルのERP製品「Oracle E-Business Suite」の1つ。企業の貿易管理室および輸出入管理部門の貿易取引に関する管理業務を支援する機能を提供し、業務の自動化や効率化、法令順守を実現する。

 同製品によって、従来、貿易や輸出入管理部門が表計算ソフトや紙で管理していた各国の輸出規制や貿易品目などのデータを業務システムの中に取り込み管理できるほか、管理された貿易品目と輸出規制の情報を基に、製品の設計、受注や出荷時に規制違反がないかの判定をシステムで自動的に行うことが可能だという。

関連キーワード

貿易 | Oracle(オラクル) | 物流


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -