レビュー
» 2012年02月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:SQL Server対Oracle DBのランニングコストを徹底比較

Oracle DBの年間サポート費がに大幅にアップしていることにお気づきですか? その理由は? そしてSQL Server 2008 R2の場合は? 市場を二分するRDBMSのランニングコストを、4つのケースを想定して具体的な金額を挙げて徹底比較。

[PR/ITmedia]

 日本オラクルが行ったサポート契約の条件変更は、Oracle Database(DB)のサポート費用を増大させる可能性がある。本ホワイトペーパーでは、まずOracle DBの導入形態により年間サポート費用が具体的にどれくらい増大するのかを明らかにする。

 次いで、「コンプライアンス重視」「情報ライフサイクル管理構成」「BIの導入」「災害対策構成」という4つのケースで、SQL Server 2008 R2とOracle DBをそれぞれ4年間運用した場合のコストを算出。「なぜこれほどの価格差が生じるのか?」。その答えも明確に示されている。

 本ホワイトペーパーにより、SQL Server 2008 R2が機能や性能だけでなく、価格の面でも導入メリットが大きい製品であることが具体的に理解できる。分かりにくいライセンス/サポート費用というランニングコストを簡潔明瞭に解説した資料である。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -