レビュー
» 2012年02月28日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:手戻りのない業務システム開発〜UIプロトタイピング開発によるフロントローディング手法の提案〜

企業の経営戦略を左右するIT資産。システム開発も超スピードのビジネス変化への対応を求められる場面も少なくない。 システム開発をどう進めるか …「手戻り」なく効率的に進める開発手法を紹介する。

[PR/ITmedia]

 伝統的かつ現在でも主流を占めるシステム開発手法は、「要求定義」から始まり「運用テスト」までの工程が前工程の完了をもって次工程へ進む、ウォーターフォール型開発手法である。

 ウォーターフォール型開発手法は、「開発工数が明確でSIer、顧客ともに進捗管理がしやすい」などの利点を持ち、多くのシステム開発現場で導入されているが、実際には顧客の要求分析が不十分で「手戻り」が発生するといったトラブルや失敗が絶えない。

 この欠点を補い、「手戻り」を受け入れる方法としてアジャイル型開発手法が提唱されている。

しかし、アジャイル型開発手法も日本のシステム開発風土にはマッチせず、敬遠されてしまう傾向がある。

 そこで、ウォーターフォール型開発手法、アジャイル型開発手法が抱える課題を振り返り、日本のシステム開発風土に合った開発手法を「UIプロトタイピング開発手法」と題して提案したい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -