ニュース
» 2012年02月28日 12時54分 UPDATE

ソフォス、クラウド上のデータを暗号化する機能を搭載したセキュリティ製品

「SafeGuard Enterprise 6.0」ではクラウド上のデータを暗号化して、社内外で安全なデータ共有を実現するという。

[ITmedia]

 ソフォスは2月28日、企業向けデータ保護製品の最新版「SafeGuard Enterprise 6.0」を発表した。4月1日から出荷を開始する。

 同製品は、管理対象のエンドポイント機器からクラウドコンピューティング環境にアップロードされたファイルを自動的に暗号化する「SafeGuard Enterprise Encryption for Cloud Storage」や、ユーザーやグループ単位で暗号鍵を集中管理する「SafeGuard Enterprise Encryption for File Share」を搭載する。

 ユーザーはパスワードを利用することで、クラウド上で暗号化されているデータにアクセスできるようになるほか、閲覧などの適切な権限を持ったユーザーおよびグループのみが暗号化しているデータを共有、利用できるようになる。for File Shareではファイルが異なるドライブやネットワーク、デバイスにコピーまたは移動しても暗号化状態を保持できるようにしている。

 このほか、モバイルデバイスからクラウド上の暗号化データにアクセスするための「Sophos Mobile Encryption App」も提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -