ニュース
» 2012年03月01日 15時56分 UPDATE

社内システムとの連携に懸念――サイボウズ、クラウド活用状況調査の結果を発表

クラウド導入の懸念点としてセキュリティ、コスト、社内システムとの連携の3点を挙げる企業が多かった。

[ITmedia]

 サイボウズは3月1日、昨年12月に実施した「クラウドの活用状況調査」の結果を発表した。回答者は222人、同社主催のイベント参加者を対象とした。

 クラウドサービスの導入状況は、導入済み、または導入に向けて情報収集中という回答が73%を占め、大企業におけるクラウドサービスへの関心が高まり、重要性が増していることが改めて浮き彫りとなった。

120301_cybozu01.jpg クラウドサービスの導入状況

 導入を検討するに当たっての懸念点としては、セキュリティ(29%)、コスト(22%)、社内システムとの連携(16%)などが挙げられ、これらが企業のクラウド導入障壁の要因となっていると確認された。

120301_cybozu02.jpg クラウドサービス導入の懸念点

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -