ニュース
» 2012年03月06日 14時36分 UPDATE

導入事例:ポケットカード、ビジネスインテリジェンス基盤を刷新

ファミマクレジットとの事業統合に伴うデータ量の増大に備えて、Oracle BIによる分析システムを導入した。

[ITmedia]

 日本オラクルは3月6日、クレジットカード事業のポケットカードがビジネスインテリジェンス(BI)製品の「Oracle Business Intelligence 11g」を導入し、本格稼働を開始したと発表した。

 オラクルによると、ポケットカードの旧BIシステムは、技術的な専門知識を必要とすることから習熟に時間がかかり、業務部門での積極的な活用がなされていなかった。新システムでは営業やマーケティングに関するデータを扱いやすい操作画面を備え、業務部門の担当者が目的に沿ったデータ分析を迅速に行えるようにしているという。

 ポケットカードは2012年度中のファミマクレジットとの事業統合を検討中。経営などに関するデータの増加も見込まれることから、BIシステムを刷新した。

関連キーワード

BI | Oracle(オラクル)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ